www.pearlonirving.com

-

-

自己破産手続きを実行すると勤務先にばれてしまうのではないだろうか…などと人に知れることが恐ろしいと思われる人もいるかもしれませんが、自己破産申立てを実行してしまっても裁判所から勤務先に連絡がいってしまうことはないので通常においては気付かれてしまうということはないです。また、通常の事案ならば、破産の手続をした後であれば債権者から自分の部署に請求の書類が送られることもないと言えます。ただ自己破産の手続きを公的な機関に対してするまでの間においては借入先から上司などに連絡がいくことがないとも限りません故そこから気付かれてしまうといった不幸なことが実際にありますし給金の押収をされてしまうともちろん同僚に知られてしまうことにならざるを得ません。これに類する心配がどうしても頭をよぎるのであれば、司法書士や民法の弁護士などに自己破産申立ての依頼をするというようなことをひとまず検討するのが賢い選択かもしれません。弁護士などに任せる場合直ちに全部の貸し主に受任通知を知らせる書類送付しますが、この受任通知書が届いたのちは業者が自己破産申請者本人に向けて直に催促をしてしまうことは固く違法とされ禁じられているので勤務先に明らかになるという不測の事態はないと言えます。また、自己破産の申立てを原因として勤め先を辞さなければならないのか?という不安にお応えしますと役所の戸籍や住基カードなどに書かれてしまうということはまず考えられません故、通常であれば会社に秘密がばれてしまうようなことはあり得ません。例え、自己破産の手続きを申し立てたことが事実が知れ渡ってしまっても自己破産の申告を事由に職場から追放するなどということはあり得ませんし自主的に退職する必然性もないと言えます。ですが自己破産の手続きが上司などに秘密が明らかになってしまい会社に居づらくなってしまい自主的に辞職するという事態があるというのも事実です。月給の仮押えにおいて、強制執行等の規則を定める民事執行法内で差押禁止債権という取り決めの中で賃金または給料などを規定しておりそういったお金においては2割5分という上限までしか差押えを認めてないのです。従って残額としての75パーセントに関しては没収することは不可能なのです。加えて民事執行法では一般的な世帯の必要生計費を考慮に入れて政令で水準となる額(33万円)決めていますからそれを下回るならば25パーセントにあたる額だけしか没収できないように制定されています。なので、借り主がその金額以上の月収を取得しているとすれば、それを越えて所得においては接収することができると定められています。ただし自己破産に関する法律の改定により債務返済に対する免責許可の申込があり自己破産申立と同時に免責が決まる同時破産廃止などの裁定が確定して破産申立ての終了が既に決定されていれば支払いの免責が決定し、確実になるまで、破産申立人の持ち物などについて強制執行、仮処分、仮処分などといったことが出来なくなりこれ以前に行われた仮処分についても停止されるというように変えられたのです。加えて、免責の認定が確定ないしは決定してしまった場合には時間的にさかのぼって実行されていた強制執行などは効力が消失するのです。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pearlonirving.com All Rights Reserved.