お金を返す事に困る事はないと思います

-

-

ローンした場合、お金を返す時には金利を含めての払いになるのは知っていると思います。

銀行又は金融機関は営利を目当てとした業者なのですから必然です。

とは言っても支払う方は、ちょっとでも少なく返したいというのが心中でしょう。

利息制限法が施行される一昔前は、年率30%近い利率を払わされていましたが、適用後は高額でも年率18%位とかなり低く定められていますので、とっても良くなったと思います。

今日の融資の利子幅は4%位から18%位の枠が用意されていて、利用上限額により設けられます。

使用可能額は申込み本人の信用度によって影響します。

総量制限により年収の1/3までと決められていますので、一年の収入がいくらなのか?どんな仕事をしているのか?カードの利用状況はどうなのか?あれこれ見られ貸付可能金額としてカードの内容が決められます。

カードを使ったキャッシングの場合使用可能金額が10万円〜800万円(各会社で金額は一様ではありません)と広い枠があります。

そしてその間の中で決定した利用できる金額により利率も決まるはずです。

50万円なら年18%、300万円なら年12%、800万円なら年4%といった流れになるのです。

結局、信用度が良ければ、貸付可能金額も高くなり、利率も低くなるというわけです。

この事実に疑念を抱くのは私だけでしょうか?銀行又は金融機関にとって、それらは常識でしょうが、収入の高い人がローンサービスが不可欠とは思えませんし、万が一キャッシングローンを利用した時でも利率が高かろうが低かろうが、お金を返す事に困る事はないと思います。

むしろ年収良くない人は即座にお金が必要だからキャッシングする方が大抵です。

金利が良くないとお金の支払いに追い込まれるはずです。

ですから可能枠の良くない人こそ低利率で使用できるようにするべきなのではないでしょうか。

この見方は使用する自分が置かれている立場としての考えとなります。

これらの事を考えると、利息を安くする為にはどうしたら良いのか、おぼろげながら分ったでしょう。

現にこれから書く方法で、手続きを申し込む人が大多数なので紹介しますと、クレジットカードの手続きをする時、年収の1/3ぎりぎりまで申し込むのです。

年収600万円なら200万円。

年収900万円なら300万円でキャッシング審査で申し込んだMAXの金額が通ればその分だけ金利が良いキャッシングできるカードを手に入れることができるのです。

であっても全額使用しなければならないという事はありません。

15万円でも20万円でも必要な分だけの利用ができます。

そのうえ利用限度可能枠が300万円で最低利息年間7%位のローン会社もあるのです。

その会社に手続きを申し込めばその企業の最低利率で受ける事ができるようになります。

どうですか?考え方を変えるだけで低利息のカードローンを手に入れることが出来るのです。

自らの年収と金融業者の利子を比較し、調査に時間を費やせば、より満足できる状態で借りれるため、しっかり調べるようにしてください。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pearlonirving.com All Rights Reserved.